2010年05月12日

<舞鶴・高1殺害>公判日程決まらず…長引く整理手続き(毎日新聞)

 京都府舞鶴市で高校1年の小杉美穂さん(当時15歳)が殺害された事件は7日で発生から2年を迎えた。現場近くの同市朝来西町に住む中勝美被告(61)が殺人や強制わいせつ致死の罪で起訴されたが、一貫して関与を否認。検察、弁護側双方の主張や証拠を整理する公判前整理手続きは12回を数えて続行中で、公判の日程は決まっていない。

 起訴内容は、08年5月7日未明、同市朝来川の川岸付近で、小杉さんの頭や顔を鈍器で何度も殴り、出血性ショック死をさせた、とされる。直接的な証拠はなく、府警や検察は事件直前に被害者が男と一緒に歩く様子が映った防犯ビデオ映像など、中被告の犯人性を示す状況証拠を積み重ねた。

 しかし、公判前整理手続きでは、ビデオの男が中被告かどうかという基本事項をはじめ、多くの争点が浮上。複数の専門家によるビデオ映像の解析・鑑定が行われたほか、証拠の開示を巡るやり取りが長引いている。

 一方、遺体発見現場にはこの日、テーブルが置かれ、色とりどりの花や飲み物が供えられた。【古屋敷尚子】

【関連ニュース】
痴漢:検挙77人 再犯37% 首都圏集中取り締まり
児童ポルノ:遮断へ、来月にも具体策 規制範囲が焦点に
愛知女子高生殺害:発生から2年 県警は不審者掘り起こし
買春周旋:借金の利払いのがれで後輩紹介 容疑で少女逮捕
大分地検:裁判員裁判対象の強姦致傷で起訴

<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
帰国ラッシュがピーク、成田空港に5万人(読売新聞)
死亡装い5400万詐取=容疑で3人逮捕−警視庁(時事通信)
<もんじゅ>ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動(毎日新聞)
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族(産経新聞)
posted by サキヤマ アキラ at 13:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。